2014年5月31日土曜日

BUFFALO HD-GDU3をDTM/DAW用に使ってみた

FireWire接続のHDDはまだまだ現役か…!?

長くDTM/DAWを使っていますと、「DTM/DAWに外付けHDDは必要!!」ということを聞いてきましたし、もちろん、言っていました。

また、私は長くMacユーザーでもありますので、「USB接続の外付けHDDなんて遅すぎて使えない!!FireWire接続の外付けHDDじゃなきゃダメ!!」なんてことも、長いこと信じておりました。

実際、5年前ですとかは、USB2.0の外付けHDDはほとんど買いませんでした。
ホントUSB2.0の外付けHDDは、読み込み速度に書き込み速度も、遅くて使い物にならなかったのです。

しかし、多くの方がご存知のように、現在では外付けHDDの接続方法もUSB3.0やThunderboltとなり、そもそも現行のMacには、あれだけ使ったFireWire端子は付いてはいない。

取り急ぎ、私はFireWire接続の外付けHDDを何個も所有していますし、仕事場はMacBook Pro 17inch 2011Early+Thunderbolt Displayということもあり、FireWire800端子が付いていますから、まだまだFireWire接続の外付けHDDはTimeMachine用として現役です。
(メインの音楽データ用HDDは、Western Digital My Book Thunderbolt Duo)


ただ、自宅作業用に買ったiMac 27inch 2013 Lateは、もうFireWire端子はないわけで、一応アップル Thunderbolt - FireWireアダプタ MD464ZM/Aを使って3年前くらいに買ったFireWire800接続のHDDを接続し、ソフトシンセのライブラリ用に使ってみると、音切れ多発。

LA Scoring Strings(LASS)にIvory ll、SUPERIOR DRUMMER 2.0、Trilianなど、大容量系ソフトシンセばかりで、特にLASSなんてホント重いですから、もはやFireWire800は時代遅れですね…。

BUFFALO HD-GDU3を購入

FireWire端子がないiMac 27inch 2013 Lateにつなげるソフトシンセライブラリ用の外付けHDDですが、Thunderbolt接続の外付けHDDなんかももちろん候補でした。

しかし、仕事場で既にWestern Digital My Book Thunderbolt Duoを使っている身としては、HDDの速度にも限界があり、ThunderboltがいくらUSB3.0よりも早いからと言っても、USB3.0とそう違いがないことは体験済みでした。

なので、USB3.0接続のHDDを選ぶわけですが、ヨドバシカメラで気になる製品を見つけました。

それが、BUFFALO HD-GDU3シリーズです。



約400MB/sってもはやSSD並みのスピードです。
Western Digital My Book Thunderbolt DuoもReadが200MB/sいかないぐらいなので、凄すぎます…。

しかし、これは、Windows環境で専用ソフトを入れるとたたき出すスピードで、Macではここまで行かないわけですが、それでも期待出来ますね。

BUFFALOのHDDは、私の場合1年ちょいで壊れた経験があり、あまり信用してなかったのですが、自宅用のサブに使うということで、早速購入してみました。


BUFFALO HD-GDU3とその他HDDの性能比較


早速Blackmagic Disk Speed Testでスピードをチェックしてみます。
なお、BUFFALO HD-GDU3は、HFS+(Mac OS拡張フォーマット)にフォーマットしただけの状態で、結果は以下のようになりました。

BUFFALO HD-GDU3(2.0TBモデル)の速度
 DRAMキャッシュという機能のおかげで、Windows用の高速化アプリが使えなくてもかなりのスピードが出ています。

比較用に手持ちのものも改めてBlackmagic Disk Speed Testでチェックしてみました。

iMac 27inch 2013 Late 3.5GHz Corei7の内蔵Fusion Drive(1TB)



Western Digital My Book(USB3.0/3TB)


Western Digital My Book Studio(FireWire800/1TB)


BUFFALO HD-GDU3はDTM/DAW用に良い!!

元々ソフトシンセのライブラリは、Western Digital My Book Studio(FireWire800/1TB)に置いていましたが、実際にソフトシンセのライブラリをBUFFALO HD-GDU3に移して、プロジェクトを立ち上げると、体感速度がかなり上がっています。

どうもBUFFALO HD-GDU3は、1GBのDRAMキャッシュが用意されており、1度に読み込む&書き込む容量が1GBを超えていると、速度が出なくなるということですが、例えば、私のメイン制作ソフトであるCubase7のプロジェクトテンプレートは、以下のようになっていて、これらを一気に読み込みます。

  • SUPERIOR DRUMMER 2.0
  • Trilian
  • Ivory ll
  • Kontakt 5(エレピ/オルガン用)
  • RealGuitar
  • Kontakt 5(LA Scoring Strings/Vn1,Vn2,Va,Vc)

しかし、Western Digital My Book Thunderbolt Duoと比べても遜色ないスピードで、プロジェクトファイルが開けました。

いやはや、私にとって、信用の置けないBUFFALOでしたが、長く働いてくれると良いですね…とにかく壊れないことを願うだけですが、良い買い物だったな…と思っています。




DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿