2014年12月18日木曜日

EDM風メロディーの作り方解説/音楽理論レッスン【Step One DTM School自由が丘教室】

東京•自由が丘のDTM教室「Step One DTM School自由が丘教室」の個人レッスン風景ご紹介動画です。


 30代男性がCubaseで作ってこられたEDM風メロディーを音楽理論の面から添削を行った模様です。


 メロディーやフレーズ作りに必要な音楽理論知識である「コードトーン、テンションやアボイドノート」の解説は、当教室オリジナル音楽理論教材を使用しております。


2014年12月14日日曜日

Logic X ES2でキックの音色を作る/個人レッスン風景【Step One DTM School自由が丘教室】

東京•自由が丘のDTM教室「Step One DTM School自由が丘教室」の個人レッスン風景動画です。 


20代男性にシンセサイザーの基礎知識をお教えさせていただいた一部をご紹介いたします。


 Logic Pro Xに付属するソフトシンセ「ES2」を使って、ピッチエンベロープの活用方法のひとつ、キックの音作りについて解説しています。

DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

2014年12月5日金曜日

Cubaseボーカルピッチ修正/ハモパート作り個人レッスン風景【Step One DTM School自由が丘教室】

個人レッスン風景のご紹介です。

20代男性にCubaseのピッチ修正機能「VariAudio」を使って、ボーカルの音程修正やボーカルハモパートの作り方をご紹介しています。

DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

2014年12月4日木曜日

Cubase Pro 8の登場で作曲を教えるアプローチも変化する!?


作曲初心者向け機能がパワーアップ

数年前のトレンドはギタリスト向け。最近のトレンドは作曲初心者向け


最近のDTM/DAWソフトウェアのメジャーバージョンアップ内容を見ていると、細かいところで「あのDTM/DAWソフトにはあって、このDTM/DAWソフトにはない」という機能が、互いに補完されていくようなものが多いと思います。


さらに、「Cubase7」のコード進行を提案してくれるコードアシスタント機能や「Logic Pro X」のDrummer機能に見られるドラムパターンを自動的に生成してくれる機能のように、作曲(アレンジ)初心者向けの機能の充実も最近のDTM/DAWソフトウェアのトレンド。


別途MelodyneやAuto-Tuneを買わないと出来なかったピッチ修正機能の追加もありました。


さて、今回、私が10年来の付き合いとなっている「Cubase」のバージョンアップが発表されました。


私個人の制作環境も、レッスン環境も、ようやくCubase7.5で落ち着いてきたところに「Cubase8」の登場は、少し泣けるところでもありますが、新機能をざっと眺めていると、ユーザーが求める声にしっかり対応したバージョンアップだと思います。


  • Cubaseならでは良さがパワーアップ(インプレイスレンダリング)
  • 他のDTM/DAWソフトウェアの機能をさらに補完(ベースアンプシミュ/VCAフェーダー)
  • 作曲初心者向けの機能をさらに充実(コードパッド/コードアシスタント)


私を含め、特にアレンジの仕事をしている人間からすると、パラ書き出しがさらに便利になったようなので、作業時間短縮、しいては、私の場合だと睡眠時間拡大、仕事ミス確率低下…(笑)と歓迎すべき機能改善があります。


もう少し、Cubase Pro 8に対してDTM講師としての見方、作曲初心者向け機能に対しての見方をしてみます。