2015年8月24日月曜日

【Mac】DTM/DAWで使うMacの選び方/2015年8月版

2015年8月現在DTM用Macに必要なスペックとは?

2013年に本ブログで投稿したDTM用Macの選び方記事をたくさんの方にご覧いただき、誠にありがとうございました。


この記事では、2015年8月現在のDTM用に使うMacの選び方について、Step One DTM School自由が丘教室講師の考え方を書いていきたいと思います。

【参考リンク:2017/3/31掲載 最新MacBook Pro 2016 TouchBarモデルでDTM環境構築】


2015年8月5日水曜日

Cubaseで人間的なフィーリングを出すMIDI打ち込みテクニック

Cubaseのロジカルエディタを使った打ち込みテクニック

打ち込みで音楽を作ろうとする…特に、マウスでポチポチノートデータを入力していくと、どうしても機械的な印象になってしまいます。


もちろん、EDMを始めとするダンストラック制作では、キッチリクオンタイズをかけた方が良いケースも多いし、ベロシティでノリを出すというようなこともしない方が良いこともあります。


しかし、特に、ピアノなどのアコースティック楽器を使った楽曲の場合、やはり人間が演奏したような表情豊かなMIDIデータを作りたいものですよね。


そこで活用したいのが、「ヒューマナイズ機能」です。

2015年5月15日金曜日

LINE@公式アカウントを開設しました

LINE@ meets Step One DTMキャンペーン




Step One DTM School自由が丘教室のLINE@公式アカウントを開設しました。

最新レッスン空き状況やキャンペーンのお知らせなどはLINE@でチェック。

  • LINEショップカードであなたのスマホがポイントカードに。レッスン受講ごとにポイント進呈。1レッスン60分が無料になる特典付き
  • 1〜3日前の個人レッスン予約でレッスン料金最大半額「直前割」
  • レッスン予約受付開始のお知らせを先行配信

さらに、アカウント開設を記念して「LINE@ meets Step One DTM」キャンペーンを開始。友だち登録するだけで個人レッスン料金が割引になるオトクなクーポン配信中です。
皆様からの友だち登録をお待ちしております。

QRコードでの友だち追加はこちらから

友だち追加数
スマートフォンからはこちら


DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

2015年5月9日土曜日

LennarDigital Sylenth1を導入しました

EDMやTrance制作で人気のソフトシンセ導入

LennarDigital Sylenth1

Step One DTM School自由が丘教室にEDMやTranceでの制作で人気のソフトシンセLennarDigital Sylenth1を導入しました。

なお、サンレコの中田ヤスタカ氏の記事でも「使いやすい」という評価だったSylenth1ですが、確かにサクッと欲しい音が作れるという意味で、Sylenth1は非常に使いやすいです。

購入のキッカケは、EDM案件が来たので「そろそろ買ってみるか…」という感じだったのですが、今更ながらもっと早く買っておけば良かったと思いましたね。

Mac環境では64bit対応しておらず、そこがネックだったりしますが、今のところCubase Pro 8で立ち上げても、問題なく動いています。
ちなみに、最初はVienna Ensemble 32bitで立ち上げれば良いかなと思ってましたが、アプリが落ちてしまってうまく行きませんでした。

reFx Nexus2は、細かな音作りが出来ないのと(それでも元がよく出来ているので、ちょっとのエディットでうまく行ってしまいますが…)、音が派手なんだけど少し細いという感じで、あれこれ他のシンセをユニゾンしていましたが、Sylenth1はガンガンユニゾンさせていくと結構な厚みが得られます。

その他、当DTM教室のレッスン対応DTMソフトウェアの一覧はこちらからご覧下さい。
使い方レッスンのお問い合わせお待ちしております。

DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

2015年5月7日木曜日

Step One DTM School自由が丘教室ホームページリニューアル


「より見やすく」を目指して、当DTM教室のホームページをリニューアルいたしました。
新デザインとなった当DTM教室ホームページを今後ともよろしくお願いいたします。


DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

2015年4月17日金曜日

DTM講師が初音ミクに挑戦

ずいぶんと使いやすくなっていた初音ミクver3


ボカロ曲をお持ち込みになるレッスン受講者様は、当教室にもたくさんいらっしゃいますが、私自身、ボカロ曲は2009年…それこそ6年前、巡音ルカが発売になったときに購入し、1曲作っただけでした。


それ以来、ボーカロイドから離れていましたが、初音ミクがMacに対応したということで、発売日に購入した次第でありました。


いつか時間を見つけては初音ミクで1曲ぐらい作ってみたいな…ということで、とうとう出来ました。


いやはや、今更なんだと思いますが、初音ミクver3は、結構何もしなくてもちゃんと歌ってくれることにびっくりしましたね。


ちょっとエディットもしてみようということで、色々やってみました。


Piapro Studio画面で色々エディットしてみた模様

初音ミクver3ですが、アップテンポの曲だったので、音色はSolidを選択。
デフォルトだと、ポルタメントが効きすぎていて、かなりのピッチ修正を余儀なくされそうでした。


それでも、ノートとノートの感覚を32分音符単位で調整しないと、レガートしようとしてしまったり、やはり、最初はコツが掴めませんでしたが、このパラメーターをいじると、こんな風に変わるということとか、やっていくうちにわかってきました。


2015年2月26日木曜日

秋葉館MacBay2でMacBook Pro 2011 EarlyにHDD増設

私が使っているMacBook Pro 2011 Early 17inchは、今でこそメインマシンとしては引退したものの、Vienna Ensemble PROで音源専用マシンとして使えるため、自宅作業時の音源マシンとして、まだまだ現役です。


※メモリは16GBに増設、内蔵HDDはSSDに換装済みだから…というのもあると思いますが…


なお、この昨年の年末でMacBook Pro 2011 Early 17inchのApple Care延長保証が切れました。


これをキッカケに外付けHDDに入れてあるソフトシンセのライブラリを内蔵に入れてしまい、もう少し取り回しをよくしてようと思い、秋葉館で販売されているMacBay2を使って、HDDを増設してみることにしました。


ちなみに、MacBay2とは、内蔵DVDドライブをはずし、その空いたスペースに2.5inchで厚さ9.5mmまでSSD/HDDをインストールすることが出来るキットです。


作業方法は、MacBook Pro 2011 Early 17inchについて有益な情報をいつもご提供いただいていたユコびんさんのブログ「もっと知りたいリンゴあれこれ」を参考にさせていただきました。


非常に丁寧に換装リポートを掲載していただいているので、下記URLページをご覧になれば、MacBook Pro 2011 Early 17inchにMacBay2を使ってHDDを増設する方法はバッチリです。


ありがとうございます!!


【ユコびんさんのブログ「もっと知りたいリンゴあれこれ」】

Mac快適改造。Macbay2でMacBook Pro 17″をSSD+HDDのデュアルストレージに!(*´ー`*)



なお、以下は、私なりのMacBay2を使ったMacBook Pro 2011 Early 17inch HDD増設リポートになります。

2015年1月8日木曜日

Auto-Tune7が再インストール出来ない…解決編

昨年10月に購入したMac Miniでしたが、元々iMacのバックアップ(TimeMachine)からそのまま移行したので、原因した不明のトラブルが多かったのです。


そこで、OSのクリーンインストールから始めました。


しかし、クリーンインストールするときには、色々ハマることも多く…今回はAntares Auto-Tune7でした。

というのも、Auto-Tune8の登場で、Auto-Tune7のインストーラーがダウンロード出来なくなっていたからです。

2015/1/6現在のantares社ダウンロードページ
2015/1/6現在のantares社ダウンロードページ