2017年3月31日金曜日

MacBook Pro 2016でDTM環境を整えました

MacBook Pro 2016 15inchでDTM始めました

MacBook Pro 2016 TouchBarモデル

MacBook Pro 2016 13inchを購入したが、2ヶ月で初期不良交換となった問題。
結果、新品がAppleから送られてきましたが、もう手放してしまいました。


事務用途ならずっと使ってきたMacBook Air 2012で十分だったな...という判断になったからです。


でも、MacBook Air 2012は、フラッシュストレージ(SSD)こそ当時7万円ぐらいかけて64GBから512GBに換装してあるものの、メモリは4GB。

こと、OSをMacOS 10.12 Sierraに変えてからは、普通に使っていてもメモリが足りなくなっている状態...スワップが1GBを超えてしまう感じになってしまい、動きはもっさり...。


そうなると、買い戻したくなるMacBook Pro 2016。

とかく普通にブラウザを立ち上げたり、メールするだけでも、サクサク動いていましたからね。


ただ、また買い直すにしてもどうしようか...いっその事、持ち運べるデスクトップ性能を誇る15inchを買ってしまおうか...持ち運ぶにはMacBook Air 11ichやMacBook Pro 13inchに比べればもちろん重いけど、2016年モデルのMacBook Pro 15inchは、2kgを切っています。


私が持っている中で一番古いMacBook Pro 2011 late 17inchなんて3kgを超えていますから、それに比べたらコンパクトだし、普段リュックの中に入れて持ち運んでいることを考えると、MacBook Pro 2016 15inchは大した重さではないか...

ということで、家電量販店に売られている中で最高スペックのものを買ってしまいました。


MacBook Pro 2016 15inchの性能は、私が仕事場で使っているiMac 2013 27inchとメモリ以外はそう変わりませんから、もうどこでも仕事出来るわけです。