Auto-Tune7が再インストール出来ない…解決編

昨年10月に購入したMac Miniでしたが、元々iMacのバックアップ(TimeMachine)からそのまま移行したので、原因した不明のトラブルが多かったのです。

そこで、OSのクリーンインストールから始めました。

しかし、クリーンインストールするときには、色々ハマることも多く…今回はAntares Auto-Tune7でした。

というのも、Auto-Tune8の登場で、Auto-Tune7のインストーラーがダウンロード出来なくなっていたからです。

2015/1/6現在のantares社ダウンロードページ
2015/1/6現在のantares社ダウンロードページ

つまり…、Auto-Tune8に有償アップグレードせよってことでしょうか…。

でも、正直いらないのです…メインはMelodyneを使っていますし…。

そのため、TimeMachineバックアップから何とかAuto-Tune7を移行出来ないかと、試行錯誤した結果、うまく出来ましたので、備忘録として残しておきます。

TimeMachineからAuto-Tune7関連ファイルを探してコピー

まず、Auto-Tune7の関連ファイルをTimeMachineバックアップデータから探し出してきます。

アプリケーションフォルダ

アプリケーションフォルダ内Auto-Tune7
Backups.backupdb > Mac名 > Latest > Macintosh HD > アプリケーション

AAXプラグイン

Auto-Tune7 AAXプラグインインストール場所
Backups.backupdb > Mac名 > Latest > Macintosh HD > ライブラリ > Application Support > Avid > Audio > Plug-ins > Antares Audio Technologies

VSTプラグイン

Auto-Tune7 VSTプラグインインストール場所
Backups.backupdb > Mac名 > Latest > Macintosh HD > ライブラリ > Audio > Plug-ins > VST3

AUプラグイン

Backups.backupdb > Mac名 > Latest > Macintosh HD > ライブラリ > Audio > Plug-ins > Components
上記のファイル達をクリーンインストールしたMacの所定位置にコピーしてきたところ、無事使えるようになりました。当然コピーするだけではダメです。iLok2も挿していることが条件ですね。
iLok認証のプラグインは、大抵メーカーサイト行けば再ダウンロード出来ることが多いですが、旧バージョンのインストーラーがダウンロード出来なくなるとは…。
インストーラーもバックアップしておかなければなりませんね。
DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング