楽曲コンペ採用経験者が考える楽曲決定のコツ

Step One DTMスクール自由が丘教室ブログ

本記事では、楽曲コンペへの採用実績はもちろん、決め打ち案件から、楽曲コンペで採用された作家さんの元デモをブラッシュアップするアレンジャーとしての実績も持つ当DTM教室講師なりの楽曲コンペのコツについて考えてみたいと思います。

MEMO
楽曲コンペで絶対採用される方法はもちろんないと思うのですが、採用していただくためのデモとして、最低限守っておくべきことというのは考えられると思います

Step One DTMスクール自由が丘教室講師が考える楽曲コンペのコツ

  • 曲構成は最低ワンコーラス必要
  • イントロ〜Aメロ〜Bメロ〜サビのものが一番多いです。
  • 上記の曲構成で1:30前後の長さを意識します…バラード案件の時は、特に曲構成に注意します。
  • 楽曲の方向性を決定づけるような音色やフレーズを盛り込んだデモアレンジをする
  • 仮歌は大きくミックスする(J-Popは歌が大きめ)
  • ハッキリした音像で良い印象を与える
MEMO
決定している曲というのは、ベーシックな4リズムの他に、「きちんと聴かせる+αの楽器パート」がある曲だと思います。そのため、ミックスや音色詰めが多少甘くても、この「+α」のアイディアはきちんと聴かせるアレンジの工夫が大切だと思います。

上記を踏まえると…楽曲コンペに必要なスキルは?

  • メロディーを作る
  • デモアレンジをする
    • デモアレンジに必要な音楽的なアイディア
    • デモアレンジに必要なMIDIプログラミングスキル
  • 仮歌詞を書く
  • 仮歌を録る
    • 仮歌さんとのコミュニケーションスキル
    • 仮歌のエディットスキル
  • ミックス
    • 聴き手の立場に立ったデモのコンセプトがきちんと伝わる音量バランス
    • 印象が良いハッキリした音像

当DTM教室にお越しの方へのアンケート結果を下に企画した「楽曲コンペ対策講座」

楽曲コンペのコツ…これらを学ぶための特別講座をご用意しました。


Step One DTMスクール自由が丘教室に急増するプロの作曲家の登竜門である「楽曲コンペに参加したい」というご希望。

そこで、これから作曲コンペに挑戦される方など、将来プロの商業音楽作家を目指す方、プロがどのようにDTMを活用して楽曲制作を行っているのか興味をお持ちの方を対象に、「プロの作編曲家がDTMで行っていること」というテーマの下、具体的に楽曲を作り上げていった過程を解説する特別講座を開催しました。

詳しくは下記リンクをご覧ください↓

参考 楽曲コンペ対策講座StepOneDTMスクール自由が丘教室