MacBook Air 2018 新型がようやく発表されたが、DTM用にはオススメしないかも

MacBook Air 2018 Apple公式サイト画像

こんにちは、Step One DTMスクール自由が丘教室です。

2018年10月30日、ようやくMac Book Air新型が発表されました。

明日締め切りの曲がまだまだ出来上がっていない状況にも関わらず…
午後11時からのAppleイベントを見て、その後、アップルのMacBook Air 2018の製品ページを見ただけではあるものの、毎日、MacでDTMを使っていてかつ、Appleファンである私が、新型MacBook Air 2018に対して思ったことを記事にしてみたいと思います。

DTM初心者におすすめ出来るMacがない!?

 

MacBook Air Mid 2017

ここしばらく、DTMを始めるためにパソコンを買いたいと無料入室相談や体験個人レッスンでレッスン受講者様からご相談いただいても、Macでかつ、多くの方が購入されるであろうノートパソコンとなると、MacBook Airではなく、ややお値段の張るMacBook Proをおすすめするしかありませんでした。

そもそも、MacBook Airは2018年10月30日より前の段階では、価格が税別で10万円を切っていて、ノート型Macの中では一際安かったので、本当は初めてのMacとして最適なものだったはず…。

でも、2015年から一切更新されていない(正確に言うと2017年に多少スペックアップして再発売されていますが、僅かなマイナーアップデートしかされていません)ため、現行モデルと言えども、スペックが過去のもの…

乱暴な言い方にはなりますが、新品で中古のスペックのノートパソコンを買うような気がしてしまう。

いくらヘビーユーザーではないDTM初心者だったとしても、MacBook Airをオススメするぐらいだったら、MacBook ProのTouch Bar無しモデルの方が良いと私は思っていたのです。

しかし、この状況がMacBook Air 2018年モデルの登場で変化することになります。

MacBook Air 2018 新型は価格がネックか!?

 

私自身、MacBook Air 11inch 2010年モデルと同じく11inch 2012年モデルの愛用者でした。

そのため、MacBook AirはこれからDTMを始めようとしているStep One DTMスクール自由が丘教室のレッスン受講者様にもおすすめしてきましたし、DTM初心者の使い方でしたら、MacBook Airで十分だったのです。

さぁ、MacBook Air 2018年モデルはどうなのでしょう…きちんと価格が抑えられていて、でも、きちんと最新のスペックであったでしょうか?

胸を躍らせてAppleのサイトを見ましたが…

う〜ん…

個人的には…

ちょっとお値段が高い…という印象ですね…。

新型MacBook Air 2018価格

128GBのストレージで134,800円(税別)。

128GBって、個人的には普通にパソコンとして使うのすら多少制約がある容量だと思いますので、メインマシンとして購入するならば、256GBは欲しいと思うところ。

256GBですと、156,800円(税別)…MacBook ProのTouch Bar無しで言うところの、128GBモデルと256GBの間に入ってくるお値段…。

MacBook Pro Touch Bar無し 2017年モデル

DTM用途ではCPUのパワーがモノを言うので、MacBook Air 2018とMacBook Pro Touch Bar無し 2017の性能比較については、ベンチマークテストの結果が出てこないと、はっきりした事は言えません。

ただ、恐らく体感できるほどの差はないか、もしかすると、MacBook Pro Touch Bar無しモデルの方が普通のノートパソコン向けCPUを乗せてくれている分、性能が上かもしれません。

MEMO
ベンチマークテストとは、パソコンの性能を数値で表し、性能を比較するためのものです。私がMacを買い換えるタイミングでしたり、モデルを選ぶ際に最も参考にしている数値です。

Macベンチマーク 参考 Macの各モデルの性能がわかるベンチマークMac Benchmark Chart - Geekbench Browser

MEMO

【11/3追記】

MacBook Air 2018のGeekbenchによるベンチマークスコアが判明したようです。

MacBookの現行2017年最上位モデルとほぼ同等か少し上回っている程度とのこと。

ということは…ファンレスのMacBookより、ファンがあるMacBook Airの方が熱問題が起きにくいことが期待出来ますので、MacBookよりMacBook Airの方が高負荷をかけるクリエイティブな作業、DTMには向いていると考えられます。

しかし、価格帯が近いTouch Bar無しMacBook Proと比較してしまうと、Touch Bar無しMacBook Proに軍配が上がるようです。

参考 「MacBook Air 2018」のベンチマークスコアが判明gori.me

変わらない「Mac=高い」のイメージ

 

なかなか「Mac=高い」というイメージが払拭出来ませんね。

ただ、薄型で軽いMacが欲しいという向きには、MacBookより用途が限定されないため、選択肢が広がって良かったのかなと思います。

なお、個人的な考えとしては、初めてのDTM用Macとして考えた時にMacBook Air 2018 新型が最高かと言われると、「現段階ではそうでもない…」という感じです。

比較的価格帯が安めのノート型Macで選ぶならば、MacBook Pro Touch Bar無しモデルの方が、「2017年発売で過去のもの」と言われればそうなのですが、クリエイティブ系だったり、DTM用途には安心な気がしています。

MacBookにMacBook Air、MacBook Proと選択肢がたくさん出てきましたが、やっぱりDTMなど、クリエイティブな作業をやるためにMacを買うならば、MacBook Proで間違いないということなんだと思います。

DTM講師

参考 MacBook Air製品ページApple公式サイト 参考 MacBook Pro販売ページApple公式サイト

 

MEMO

個人的にはDTM用途に最適なのはMacだとずっと思っている人間です。

特にノートパソコンでWindowsとMacを比較してしまうと、トラックパッドの使い心地の面などで、基本的なパソコンとしての完成度が高いのはMacかなと思います。

そして、トラブルが起きた時の対処もMacの方が対処がしやすいのは、今も昔も変わりがありません。

ただし、WindowsもSurfaceだけは別ですが…ただ、Surface vs ノート型Macになってしまうと、「Windows=安い」が成り立たなくなってしまうのですよね。